« ちょっと置いておいて | トップページ | 【DQ10】 家の解体で大問題発生!! »

2016年3月 7日 (月)

【レビュー】 百姓貴族 4巻 でたよ 【最新刊】

こんにちは。ぽいみんデス。

週末はドラゴンクエストXのLV上げをやってました。とりあえずカンストしたのでマンガ読んでまったりと。

スポンサーリンク

 

百姓エッセイの「百姓貴族」

「鋼の錬金術師」の作者である荒川 弘が描く、自身の農家経験から描く百姓マンガ。百姓貴族の最新刊4巻が発売になりました。

百姓貴族(4) [ 荒川弘 ]

百姓貴族(4) [ 荒川弘 ]
価格:734円(税込、送料込)


マンガ家としてデビューするまでの実家(畑+乳牛)の手伝いをしていた経験をネタ+家族ネタで笑わせてくれるマンガです。現実として「農業ってこうじゃないの?」という思い込みを良い意味で吹き飛ばしてくれます。

そんな最新刊の大きなネタは

・実家父ネタ
・聞いちゃいけない裏話

です。もちろんこれ以外にもあるけど、父ネタについては「ほんとうかいな!」というエピソードです。いや今までのおやじさんが死にかけると牛が死ぬというのはもちろんなんですが、3巻までにちらっと出てきた事柄を大きく取り上げるような展開。「そういえば描かれていたアレかあ」という具合です。

でもそれよりもぽいみんが爆笑したのは

「火星の」アレ話です。これ書いちゃうとこれから読む方は面白くなくなってしまいますが、いきなりぶっ飛んだ展開を持ってきたなと。ただ荒川牛ならば実際にアルアルになってしまいそうです。

ゲーム終わらせて1時間。たっぷりと笑わせてもらって寝る前のリラックスできました!まだ読んでない方は1巻からがお勧めですよ(4巻からでも面白いけどね)。



|

« ちょっと置いておいて | トップページ | 【DQ10】 家の解体で大問題発生!! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175168/63311618

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】 百姓貴族 4巻 でたよ 【最新刊】:

« ちょっと置いておいて | トップページ | 【DQ10】 家の解体で大問題発生!! »