« やってきた!松葉ガニが美味しい!! | トップページ | 【DQ10】11/15-11/21 ソロ討伐 「怒濤のスーパースター軍団VSアトラス!」 »

2015年11月16日 (月)

【レビュー】 七つ屋志のぶの宝石匣 2巻(最新刊 2015/11発売)

こんにちは。ぽいみんデス。

ちょっと暖かい日が続いています。なぜか厚着で寝てしまい寝汗びっちゃりな毎晩・・・。寒くて眠れないのは困るけど、寝汗かくような暑さだと悪夢を見る始末です。本日も久々に「帰れない」系の夢を見ました。どこにいるのか分からないけど、どこかへ帰らないといけないという不安系の夢。あんまり寝起きの気分が良くないんですよね・・・。

スポンサーリンク

 

さて、今月末発売かと勘違いしていたぽいみん。のだめカンタービレ作者こと二ノ宮知子が描く「七つ屋志のぶの宝石匣」の最新刊が発売されていました。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】七つ屋志のぶの宝石匣(2) [ 二ノ宮知子 ]

七つ屋志のぶの宝石匣(2) [ 二ノ宮知子 ]
価格:463円(税込、送料込)


1巻は、登場人物設定で終わった感があったストーリーも、少しずつ動き始めました。今巻でちょいと掘り下げられたのは、表紙にもなっている人物でございます。

1巻では宝石の質(幸運不運系の)がわかる主人公 志のぶと婚約者の顕定、その宝石の質を浄化する能力のある「虎鉄(と書いとく)」。彼も(?)本来の道から宝石探しをしている人物みたいです。ただこの本筋っぽい「赤い石」を取り巻くなにかについては、単行本1巻で1話くらいの折り込み方で、色々な家族の中にある宝石の謎(?というかもめ事かな・・・)を、志のぶ含めて面白おかしく解決してくってのが今のメインなお話。

ネタバレになってしまうので詳しくはおいておいて。

2巻まで読んでみて。まだ「のだめ」のはっちゃけた感がないです。いや、二ノ宮マンガ独特の展開ではあるんですが、ぶっ飛んではいないかな?と思ってみたりしてます。

今の印象は「色男な顕定」というイメージを強調しまくっていて、今後にそれを逆手にとった展開をしてくるんかな?という印象です。ですので単行本2巻はストーリーの「起承転結」の「起」→「承」への段階かなとも思えます。

これからドッチへ転んでいくのかは楽しみな状態でしょうか。「87 CLOCKER'S」がある意味普通の展開なので、「七つ屋」はハッチャケテほしいです。

KISS不定期連載なのが、ちとおしい。毎号連載になってくれると続きが楽しめのに!




|

« やってきた!松葉ガニが美味しい!! | トップページ | 【DQ10】11/15-11/21 ソロ討伐 「怒濤のスーパースター軍団VSアトラス!」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175168/62688066

この記事へのトラックバック一覧です: 【レビュー】 七つ屋志のぶの宝石匣 2巻(最新刊 2015/11発売) :

« やってきた!松葉ガニが美味しい!! | トップページ | 【DQ10】11/15-11/21 ソロ討伐 「怒濤のスーパースター軍団VSアトラス!」 »