« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月26日 (金)

土曜日の休日はいずこに?

こんばんは、ぽいみんデス。土曜更新とか書いておいて、実は金曜の夜の方が余裕あったりするので、金曜に更新します。ゆるい目で「ああ、金曜夜更新なのね」と視点変更してもらえると嬉しいです。



さて、明日は土曜日です。ぽいみんの休日です。週1の休日です。
ですが、先週から土曜の朝の仕事を入れられた(明日は入れられそうになったが断わった)のです。まるで繁忙期のようで、明日は2週間ぶりにお休みです。
離婚して独身だからなのかな? 「朝だけでいいから!」と言われても、その「朝」の休みが欲しいのですよ。とはいえ夜の仕事もできませぬが……。


はーーーーーーーーーー、目覚ましのない日ってステキ(≧∀≦)。



つーことで、飲むべ!!!



| | コメント (1)

2010年3月19日 (金)

簿記

続投です。

簿記。日商2級3級については、新聞とか広告で見かけます。
ただ、1級については通信教育では見たことがありません。




なぜなら、1級と2級の間には、そら恐ろしいくらい格差がある。そして、受講したものの資格取得できない現実があるからです。体験談。


まず、前提として、日商簿記1級は、税理士試験の受験資格という前提があります。税理士になりたい人は、日商簿記1級をとるか、税理事務所や税務署や会社の経理部門でウン年実務をしないといけない……とあります。むやみに何年も過ごすより、簿記1級を取るのが早いのです。

ところが、現実は甘くありませぬ。
簿記2級までは、ある得点まで達していれば全員合格です。例えば、100点満点で75点とれば合格みたいな。
でも、簿記1級は違うんです。75点の人数が100人と、500人いる場合、100人で足きりで(これは極端な例です)、合格するのは100人で不合格は、一方はゼロ、一方は400人です。また、4科目で1科目25点満点の内20点未満があると、確実に不合格になります。(例:会計学が19点で、他3科目が25点満点でも落ちる)。

実際、受けた実感だと、通信教育では難しい。また、さらに独学だと難しい。
パズル的な要素が必ずあって、なんていうんですかね、クロスワードの必ずわかる部分を解くと順々に分かるというか。テクニックなのかもしれません。


日商簿記1級は、「電卓叩く手が止まると落ちる」と言われるぐらい、猛烈な計算と検算と、理論との闘いです。それはもう、記入したものを見直す時間がないくらいです。ましてや、ことしなやかに、計算用紙(B4×3枚くらい?)まで回収されてしまうので、その計算用紙にまで採点がいくのではないかというくらい、配点がわからないですよ。

基礎知識が無い方には分からないでしょうが、書いておきます。原価計算と為替と買掛金・売掛金、前払い未払い、このへんでしょうかねぇ。

日本商工会議所は1級の合格率を13%と公表しているようですが、体感では、10%以下の気もします。

ああ、1級を目指すなら、3級はやめといたほうがいいです。2級からスタートのほうが混乱しないですみます。3級だと「売上」が分かりにくいですからね。

| | コメント (0)

ガソリン代……厳しくなってきました

ぽいみんデス。


さて、明日は土曜日。なのでお休み……の予定でしたが、「人がいねーーーんだヨ!」と親方から朝の仕事を頂戴しました。本当、週1の休日なので朝は、ねたーーーーーーーーーーーい。まあ、マイナス収入には決してならないのと、明日の予定は真っ白なのでいいのですけど。


さて、ガソリンの価格がジワジワと上がってきてます。今週に入って5円/ℓ値上げになりました。その前の週も2円/ℓ上がりました。月平均300ℓ給油します。なので、この2週間で2100円の負担増です。一昨年の180円/ℓなんてことにならないか危惧してます。その当時は、まだ廃人でしたから実感ないですが、仲間から聞くと、平日に走っている車が激減したそうです。

つまり、その位自腹で「車で通勤」した方が「電車で通勤」した方が安く、そういう人が多いということなのでしょうね。

先日、「首都高速の値段を走行距離によって変更(現在、東京線700円・神奈川線600円)」ということを前原誠司国土交通相は17日発言されました。

荷物を持って走る(往路)高速代は立替で、後で戻ってくるので問題ありません。むしろ、値上げしてください。平日だと横浜→首都高→関越・中央・東北道に抜けるのに1時間半とかざらです。日曜だと40分くらいですよ。どんだけ、車の交通量が違うか。

頼みます。ホイホイと自腹で乗ってる人とは違い、こちらは最速で運ぶ仕事しているのです。ましてや、休日に自家用車で行楽できる余裕のある方に、税金を使わないでください。極論言えば、営業ナンバー以外は高い金とれ!と。

そんなことすると、営業ナンバー取るヤツとか、そういう商材作るヤツがでそうですけどね。

| | コメント (0)

2010年3月17日 (水)

収入の税金の矛盾

確定申告の日も過ぎましたね。

さて、つぶやきデス。

先月か今月だかくらいでしょうか。某新聞で、「平均給与が29万~円」でしたという厚生労働省からの報告が載ってました。
かたや、今現在、納税者番号なるものがないと、正確な所得が分からないから税負担の不公正さがある・・・と、なんたらサンはおっしゃってます。


さて、平均収入が分かるのに、なんで税金課税金額がわからないのでしょうか?


世間一般である、そして過半数を占めるサラリーマン世帯を欺く方法論なんでは?と思います。サラリーマンの方で、給与所得しかない方は多いでしょう。そういう方は、税金を会社から自動的に徴収されてます。「家を買った」だの「株で損した」とかで確定申告する人もいるといるとは思いますが、基本、会社を通して税金を差っぴかれてます。

給与明細とにらめっこしてください。「所得税」と「住民税」。税金じゃないけど、「健康保険料」と「厚生年金」。いくら差っぴかれていますかね?

そこらへんを、会社を通して「平均給与」がウンタラと厚生労働省にわかるのに、それ以上に「納税者番号」などと通して「納税が平等になりますよ」的に言われても、あほらしいと感じます。

鳩○さんとか、自分の相続税を認識してないのだから、そういう方々が持ち出される理論に賛同できませぬ。あと、経○連とかの方ですかね? 役員報酬総額を提示しているから、1億以上の報酬について公開する必要はないとか言われてるかたとか。逆じゃないのですか?

私は○億円納税してます!

まあ、こんな方いればいいな。そう言い切れる方なら、私の何十倍以上納税しているので、本人が仰るなら、それ相当の発言権とかは飲みますよ。もちろん、その納税をするために、国からの補助金とか県からの補助金、天下り、利権などがなければですが。


おいら、いまや皆さんから敵視される「愛煙家」ですが、高いタバコ税を納めてますよ。それも問答無用で税金が上げられるのに。何かで読みましたが、所得2000万円以上の方は、日本では1%だそうです。その方々って100万人なのかな。愛煙家は700万人はいるわね。1%の人の税金を上げるのは大変だから、そして、もっと影響の多い消費税は、さらに大変だから、固定消費税みたいなタバコ税を上げるんですよね。だったら、喫煙者オンリーの店舗に税制優遇するぐらいしてみなさいよ! 


と、矛先それました。
平均所得を押さえているのに、税金がわからない!
凄い言い訳ですね。
もし本当なら、無駄な統計作業をしているんですね。厚生労働省。


なんのための統計なんだか・・・・。
あなたの人件費をおいらにくださいよ!




| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

診察その他……色々

ぽいみんデス。


今日は診察日でした。
2月~3月は温度に激しい波があって、体調を崩される方が多い中、平気な人もいたらしく、先生曰く「問題ない人は大幅に減薬しましたね」と話されました。
当人はとういうと、眠りが浅くなったことを告げたら、「じゃあ、減薬は来月で~」ということになりました。


それにしても土曜の13時過ぎたのに、10人以上待ちってどういうこと!?と質問したら、「学会があってその日に受診できなかった人が土曜にきてしまって……」ということでした。納得。



話は変わります。
車を維持するのは大変ですね。月1にオイル交換、2月にさらにオイルエレメントの交換+フラッシング(エンジンのクリーニングみたいなもの)。今回はオイル交換に加えて他もやりました。割引とポイント使っても約5000円なり。うう。。。いいものが食べれる値段です。なので、今日の夕食は、15時からチョコチョコ食べて、満腹に持って行く感じで、「モヤシの酢の物」+「冷奴1丁」+「スパゲティー」でした。〆て388円なり。

はー、月に4000km程度走るから仕方ないのですけど。
おかげで、土日はダイエット食状態です。




グラタン作りたいが、耐熱皿が無いのに気付いて断念。
夕食はガッツリ食べたいものですねぇ。


| | コメント (1)

2010年3月11日 (木)

HAWK2700さんへ

今更ですが、返信です。

家族も会社も理解ないとの状況。

まず、家族。
「気持ち悪い」そうです。
元妻の言葉です。
あとは、「引き込まて共倒れは嫌」だそうで。これには共感しますが。
どうなんでしょうね。家庭の感情は、家庭それぞれなので、なんとも言えないです。
まあ、うちは、後者が大きいと思います。
でも、「気持ち悪い」と言われたのはインパクト大きかったですね。

会社。これは、もう上の感情なので、またわからないです。
うつ病の人間を

「使いたくても使えない」
のか
「使いたくなくても使わなければいけない」
のか、
この大雑把な2つでも受け止め方は違います。HAWK2700さんはどちらなのでしょうかね。


ただ、わかるのは、家庭と会社、両方ともうつ病に理解がないのは、かなり辛い状況だということです。そんな状況にいるHAWK2700さんは、強いのに弱いのかなとも。

| | コメント (1)

2010年3月 6日 (土)

ITスキルの殺し方

ぽいみんデス。



あるソフトサイトに登録してある自作ソフト、シェアウェアなのでフリー向けに改造しようかな……とソースファイルに目を通したのです。



わからん。
自分ひとりで作ったのに。
どこでどう作動しているのか不明。


ということで、自然と忘れるみたいですね。
いやぁ、スキルは必要ないので、必然忘れるみたいです。



勝手に過去の辛いことは、忘却のかなた……という事例です。


幸せの形の一般系というのがあるのだろうなと感じます。
そこから外れた、おいらは、異端児で恩恵もなにも無い。。。。と、なんか疎外感?
「幸せ」と思えたのはご飯が不自由しなかったくらいでしょうか。
というか、食えない時期もあり、「ご飯」がとても幸せの象徴だったなのかもしれません。


という意味では、ITスキル殺してでも、「食べれる」ことは幸せなので、スキルの生死はどうでもいいことと言う意味。反面、「幸せ」だと感じたことがない人間でもあります。

ほら、子供が産まれて幸せだとか、おいらからすれば同意できないことに、幸せを感じるのは幸せですね。おいらもそういう幸せを手に入れたかった。けど、子供中心にバカ親になれない男親として欠落しているので、手に入りようもないですし、分かってます。

ということで、スキルを殺すには、その仕事しなければいいですよ。
ただ、それだけで、死んで行きます。


| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »