« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

救援物資

いやー、暇ですよ。
不景気をひしひしと体感してます。

とは関係ないのですが、親がイノシシ肉を送ってくれました。
一般的に猪=ボタン鍋なのでしょうが、うち(というより肉取得所在地)では骨付きのブロック肉(一般販売している牛・豚のカレー用の大きいヤツだと想像してください)の味噌味猟師料理です。ただ、それだけだと飽きますので、料理を開発しましたよ。

で、昨日の夜に、イノシシシチュー(ビーフシチューのイノシシ版)を作りました。ただ、やはり牛肉や豚肉と違い、肉を炒めている時のイノシシ脂独特の匂いが凄かったので、窓全開で作ってました。ご近所サマから苦情がこないように……と祈りながら。

今時ですが、うちには電子レンジが無いので、冷凍するわけにもいかず、今日もさきほど夕食として完食しましたね。しばらくイノシシはいいやーってなもんですが、まだ冷凍庫に肉、肉!

さてどうしたものやら。
母よ、食える塊で下さい。大きいものは調理不能です。

| | コメント (2)

2010年1月25日 (月)

ひっそり

確定申告の用紙を貰いに税務署に行った兼ね合いと、仕事量的に「もうおいらの仕事は終り」と帰って申告作業をしていた、ぽいみんです。そんな日に限って仕事が発生するのよね。6台も車が必要って、何をやらかしたのやら。当然、シラフで申告作業をしてたのですが、終り次第飲みましたので、「ゴメンナサイ」とお断りをしました。

なので、この記事が書けるのですがねぇ。

集中する時間としない時間がメリハリしてていいです。
で、このひっそり感も良かったり悪かったり。

昨日は、ひさーしぶりに、記憶が消えるまで飲みました。誰と?もちろん一人で。
友人と話してのは記憶にあるのだが、その後にまた他の人に電話した形跡が携帯にありました。

何を言おうといたんだ、おいら!?的に、久振りに衝撃をうけますた。
仕事柄、飲みすぎないようにしてたんだけどなぁ。

ということで、ひっそりとしてます。いいですよ、コレ( ´ー`)y-~~

| | コメント (1)

2010年1月22日 (金)

『自殺』の政府の対策の反論

ぽいみんです。

ほんと、不況を実感する毎日です。
金曜日なのに、忙しくもなく早々に帰宅しました。
なので、この記事が書けてます。

TheBeachさんの質問に答えたいと思います。

減薬については、まったく問題ないです。確かに1日30錠は多いとは感じますが、それで安定しているならいいのではないですか? もし、「これって薬代を過大に請求されているだけでは?」とか「こんなに必要なの?」と思われるならセカンドオピニオン(他の精神科で薬の処方と症状を伝えて診察を受ける)をされてみれば納得もするかもと。ちなみに経験則から、うつ病の薬は2~3週間かけて効果が出て、効果が切れるのも2~3週間なので、自己判断で減薬して「調子いいじゃん!」と思っても、遅れて症状が悪化……あるので、医師のしっかりした診断と経過観察がない状態で減薬するのは無謀かと。少なくしたいしたい気持ちはわかります。私の減薬も2年以上かけて、やっとアモキサン25mg×3/日になりましたからねぇ。
 それと、よく病気になると「闘病」という言葉が出ますが、精神系については『闘わなくていいじゃない』というのが私の結論です。だから、薬飲んで状態がいいなら飲めばいいし、頓服で治まるなら我慢しないでいいのです。『薬を飲んでる』=『悪い状態』ではないです。むしろ『薬飲んで状態がいい』=『それでいいじゃない』ですよ。

で、本題はここから。
タイトルにも書きましたが、『自殺』についてです。

報道では昨年の自殺人数は3万人を越えるそうです。日本の現在の人口は約1億2千万人。ですから、単純計算をすると0.0025人が自殺ですね。
でも、例えとして両親+伴侶+子供1人として、直接影響受ける人数は5倍になります。ましてや、友人などを含めるとそれ以上ですね。

でも、この比率なのに、政府が特別チームを組むのはなんでなんでしょうか。
そりゃ、うつ病に対する意識改革が進むのは嬉しいことです。

ただ、チームの人選は報道されてません。そういう意味で、私として『生きているのが当たり前』の人から見た運営なのかなと疑念が消えません。
最近で、発足した「障害者」のチームでは「障害」を持つ方がメンバー入りしてます。これは当たり前です。むしろ遅すぎた。当事者が居ない場所で、あーのこーの言われて決まっても効果ないのは小学生でもわかります。「イジメ」とも似てますね。「イジメ」られたことがない人が対策考えても、当事者の傷はわからないです。かといって、「イジメ」られろとは考えませんが。

今は、「生きることの意味」は


一度きりの命を楽しんで生きる


と思ってます。
だから、死のうと実行に移した気持ちは、


一度きりの命の価値・希望が見出せなくなった


とも振り返れます。
心療内科の先生にもお世話になりました。心理療法士の先生にもお世話になりました。
でも、やっぱり、当事者ではなくて、経験的に接した数の多い「希望のある方」なので、距離があります。だって自殺予防の薬はないんですから。だから、特効薬的ものは存在しないんです。それを予防するのは、かなりパワーいりますが、当事者がいないのに効果上がるのかしら? ともナナメ見してしまいます。

だから、金がどうのこうのというのは後回しにしてくれませんかね?国会で問われる民主党も民主党だけど、今まで同じことしてきた自民党も自民党。あんたらが金をもらいながら討論している間にも、死人は出てるのよ!?

まあ、所得税の累進課税を上げない人達なんだから、金持ってるんで関係ないので世間体だけつくろってるんでしょうけどね。




| | コメント (1)

2010年1月16日 (土)

アラフォー

ぽいみんデス。

今日は診察日。
暮れの繁忙期を乗越えれたこと、睡眠調整に失敗した日が何日もあったことなど伝えてきました。睡眠以外は順調なので、抗うつ薬は減らしましょうねということになり、アモキサン25mg×4錠→3錠へと減薬となりました。睡眠についてはうつ病の後遺症だから、焦らずにね~と告げられ(焦ってないし、ずっと飲むものと思ってる)、調整するならレンドルミンを飲まないのも手段だねと言われました。そう、レンドルミンについてはまだ飲まない事を試してなかったので、今日、飲まずに睡眠導入できるか試そうと思います。


さて、わたくし、来週で40歳です。人生の折り返し地点を迎えます。
今までの人生を振り返り、一言で例え表すならば、

波乱万丈

ですかね。様々な恋愛・失恋・結婚・転職・うつ病発症・離婚。色々ありました。昨年は特に思いで深い年です。体調も良くなり、仕事も見つかり、離婚もしたけど、人生経験としてはプラスな年だったなぁ。

 当たり前のように過ごせるって、当たり前……みたいなモノかもしれないですけど、やっぱりそれは各個人の事情ですが、「特別」な当たり前なんですよね。独りになって気付きました。

 おいら、特別なモノを求めすぎてたな……と感じます。金・家・パートナー。など。
 食えればいいです。寝れればいいです。それだけで贅沢すぎます。あとは恋人かな。

 こう書くと、3大欲求復活してますね。よかったよかった。

 では、また来週ーーーーー!

| | コメント (2)

2010年1月10日 (日)

今だから……と受け止めること①

ぽいみんデス。

「土曜日更新して書いてたじゃん!」
ということで、土曜日に観られた方。1日遅れで更新してます。
週1の休みだと、どうしても予定が1ヶ月前から序々に埋まりまして、当月になるとギツギツに予定で一杯になるのです。昨日も午前中から夜中までぎゅうぎゅう。
で、今日更新してます。


さて、あさちんサンが書かれてたことで「時間をもてあます暇は苦痛ですね」ということがありますので、ここを今日は焦点を当てたいとします。

仕事が無くて(朝の定期仕事が終わったあとのスポット仕事が)、暇~な時、出来ることは持ち込んだ本を読むくらいなのです。当然、本が無ければぼーっと過ごすことになります。
この、「何もすることがない時間」、うつ病真っ只中の頃は、すごーーーーーーーーーく苦痛だったなぁと振り返るのです。でも、今は苦痛でもなんでもなく、むしろ快適です。

では、なんでかなあとなりますよね。
生きてきて、小さな頃から社会人になる過程で、知らず知らずの内に「働かざるもの食うべからず」理論が刷り込まれるからではないからではないかと、仮定します。
当然、なんらかの労働(お金ではなく、家事などの家庭内労働ももちろん含みます)をしなければならない価値観が産まれるのですよ。
すると、「何かする」→「何かが得られる」になるのですが、困ったことに、うつ病真っ只中だと『「何かする」事が出来なくなる』じゃないですか。そうすると『「何も」得られなくなる』という思考回路になります。
その中で、「暇な時間」というのは「何も得られなくなる時間」とも書き換えられます。ここがキーなのかな……と受け止めています。「何も得られなくなる時間」は苦痛です。なぜなら、得るには何か行動をしなければいけないが、何もできないからですね。で、先生は言うのです。「何もしなくていいのですよ」と。これまた混乱するわけですわ。

何かを得たいのに、何もできず、しようともがく。そこに外部から停止の指示がくるが、自分を停止できない。

うーーん、文章にするとまとまらないなぁ・・・。


完結に言うと、
「そういう状態の時は、本当に休む時間で、寝てても寝すぎても起きれなくても仕事できなくても家事ができなくても、とにかく何もできなくて良くて、その状態でいて休息していれば良かった
です。刷り込まれた規定観念なんて捨てるくらいの、方向転換になりますが。今は、そう思ってます。過去の自分の思考なんて、なんて無駄にあがいてたなと。我ながら思います。本当デスヨ!?

| | コメント (2)

2010年1月 5日 (火)

平穏な日常に戻りました

2009年12月1日~2010年1月3日が超多忙モードだったので、今日は拍子抜けです。というか、これが普通なんだけど……という状態になりました。12月はあれほど、「休憩させてくれ!!!」と叫びたいくらいで、もうコレデモカ!と車を走らせてました。喉元過ぎればなんとやらで、のんびり仕事が来るのを待つのも、「仕事くれ!」となるわけです。

そんな今日は、グループのほぼ全員が揃ってしまうぐらい暇。
普段、忙しくなかろうがどうだろうが、基本、待機場所に18:00まではいる自分ルール(好きだね、これ)があるのですが、今日ほど暇だと帰るかなと17:00に撤収。

なので、今、この記事を書く時間ができました。

離婚については、サクっと概略を書いただけですので、事細かに書くと長くなるので、またぼちぼち書いてみようかな、という次第です。

では、ぽいみんスタイルで、コメントのレスは本文記事内に書いていきます。

TheBeachさん>
 初めまして。お初なので、書いた方がいいかな? 2004年うつ病を発病をして、今に至っているのが、ぽいみんデス。
 1日11種30錠って、すごい数の薬ですね。うろ覚えですが、私の場合は1日15錠(睡眠薬含む)くらいだったような・・・。お薬手帳を探せばはっきりするのですが、引越しでどこへいったのやら。
>わたしは、「自分の好きになったあなたは、今のあなたではない」という内容の話でした。
>うつ病になると、パートナーとしての魅力がなくなってしまうものでしょうか? 
 違うニュアンスですが、まあ路線としては同じようなことは言われましたね。ただ、うつ病になったから、パートナーとしての魅力がなくなるかというと、これは他の方が書かれてますが、夫婦でないとわからない部分ってのがありますし、相手の性格などにもよるので、なんとも言えないです。私と元妻との関係でなら、元妻が私に言うことについて、うつ病については「ああ、そう見えるのね。まあ、そう見えるよね」と思います。ただ、私の場合は、9割以上が他の理由によって離婚になりました。トドメの楔を刺す切っ掛けになったのが、たまたま、うつ病発症後というだけです。よく発症後を付き合ってくれたものだと感じます。ああ、答えになってないですね。

あさちんサン>
 お久しぶりです。
>良き理解者だと私は思ってましたから。。。
 ここについては、私も誤解してました。なので、離婚に至るトリガーを引いてしまったのは、私なんですが……。そこらへんについてはまた後日。
 円形脱毛症については、うつ最悪期にもできましたし、治った経験があるので放置してます。月1の美容院で、美容師さんに様子を見てもらってます。出来た箇所が後ろなので・・・。ぼちぼち生えてきているそうです。気長に放置( ´ー`)y-~~。
>( ̄○ ̄;)!彼女と同じですよ私もね。ぽいみんさんのとこにお邪魔していた頃からそんな感じです。
 そういう状態で過ごしていくのが、私の周囲の既婚者の「普通」みたいです。私は、「Yes」か「No」のどちらかのデジタル人間なので、「好き」ではないニュアンスを感じてしまったら、確認して答えを求めてしまったのですよね。まあ。藪をつついたら大蛇が出て来た感じでしょうか。実質、同じ状態でも、表面に表さないで、それを良しとするなら、それも夫婦しかわからないことですから、否定も肯定もしません。

ジュウザさん>
 こちらこそ、よろしくお願いします。
 私自身が、今現在の状態では夫婦関係を続けることは困難と判断しました。ただ、後ろ向きな離婚ではなくて、私が未来を進むための離婚なので、前向きです。まだまだ恋をするつもりです。
 私自身の教訓として、残せるものは「自分が幸せだと思ってしたことが、相手にとっても幸せではない」ということです。そういう意味では、家庭内の団結とでも例えればいいのでしょうか、かなりもろい側面を私の家庭は持っていたのです。ぶっちゃけ、「お金」を稼いでくることが、私に課せられた至上命題だと考えて夫婦生活をしてきました。が、それは違いました。なので、色々な考えを持っていたのだなと考えさせられ、また、なぜ13年間もわからなかったのか(これがボタンの掛け違えなのですが)、不思議です。
 ジュウザさん、お金はもちろん必要ですが、体あってのお金です。奥様がどう感じているのか、今の自分がどうなのか、色々勘案していいのかなとは思う次第です。私も復職だとか転職で「辛い」と感じた時がありました。それは本当に「辛い」ので、辞めろと反応してたと今は思います。
 今の私は本能で生きるようにしてます。もちろん仕事ですから嫌なこともあります。が、耐えれる嫌と、耐えれない嫌は別次元で扱ってます。耐えれる嫌しかないから今の仕事できるんですけどね。
 そんなモノを見つけてみてはどうでしょうか。 

| | コメント (1)

2010年1月 4日 (月)

近況報告です

まずは、あけましておめでとうございます。

「正月はもう過ぎただろ!」とか「もう仕事始まっているよ!」という方が多いと思います。予告しておいたのですが、私の仕事納めは昨日の1月3日 22:00でした。そして、今日が休日・・・なので、私にとって正月でもあり、昨年の12月から続きっぱなしだった仕事の終りでもあるんですよね。



さて、前置きはおいておいて。
色々な事情があって前ブログは削除してしまいました。一番の理由は「うつ病ってなあに」というブログ名なのに、ちっともうつ病の今について書くことが少なく、逆に他のことを書くことが多くなったからです。となると、「過去ログ」として残しておいたほうがいいのかもと悩んだのですが、どうしてもアルと過去を振り返ってしまうんですよね。忘れたいというわけではないです。ただ、過去の過ちを未来へと引き継いでいきたいのですが、辛かったことまでは持ち越したくないというのが本音です。


ということで。ブログ削除についてはこんな経緯です。
「復活しろやゴラァ!」とか「読みたかったのに」とか、そういうご意見は賜ります。
意見が多ければ、バックアップ(HDDのどこかにある)から戻すことも検討はします。


さて、ここからが本題です。
まずは、復活記事にコメントされたお三方。けんサン、熊五郎さん、うつらうつらサン。予告よはいえコメントありがとうございます。おそらく、これから書く記事は予想以外のことだと思います。

(1)体調について
  こちらは予想以外のことではありません。概ね順調に回復してます。昨年の12月は睡眠時間の調整(仕事で朝3時に起きないといけない時もあったので)の関係上、睡眠薬のサイレース2mg×2を減らしたりして、睡眠失敗したりしたりしましたが、うつ病のほうは問題なしです。現状アモキサン25mgを朝2錠・夜2錠飲んでいます。12月が忙しいと先生には伝えてあるので、1月から減薬プランが進む予定になってます。

(2)仕事について
  12月は他の月と比べて倍の仕事量でした。昨日(1月3日)まで続いたのですが、なんとかこなせてます。親方や同じグループの人は、うつ病患者だからといって、特別視することもなく、普通に接してくれています。前の仕事の腫れ物に触るような扱い(といっても負荷をかけないようにという意味で)はされず、当たり前のように仕事を振ってくださり、そしてこうやるんだぞ、と本当に良い意味でも悪い意味でも、健常者に対する扱いをしてくれます。とてもありがたいことです。ただ、睡眠薬を飲んでいる関係で、夜中の睡眠薬がどっぷりと効いている時は仕事できない件については、「しかたないよね」と理解していただけでます。もちろん、そんな時間(夜中)に仕事もでるのが、今の私の仕事。それが出来ないのは、ある意味ハンデであり稼ぎが少なくなるのですが、それはそれでいいかと思ってます。オンとオフを区別できて、いいかなと。

(3)家庭について
  これがある意味爆弾発言です。
  離婚しました。
  話し合いもし、歩み寄ろうとも努力しました。お互い。
  そしたら、1ヶ月の間に、円形脱毛症で500円玉より大きいハゲができました。
  「ああ、無理だ」ということで、そうなりました。
  13年間一緒に暮らしてて、ある時期からボタンを掛け違えて、そしてずっと過ごして、気がついた時には、大きな溝になってました。
  決定打は「嫌いではない」という言葉でしたね。
  例えるならば、「雨の降る確率が10%」というのがあります。これは1mm以上の雨が降る確率のことを指しますが、では残りの90%はなにかわかりますか? 答えは「雨は降らないが、何が起こるかわからない確率が90%」ということです。だから、雷かもしれないし、晴れかもしれない、曇りかもしれないし、雹が降るかもしれないということです。
  つまり「嫌いではない」ということの裏返しは「嫌いではないけど、好きでもないし、どうだか不明」な言葉なんです。友達よりは上かもしれないが、恋人、ましては夫ではないということです。
  うつ病になってしまう過程や、うつ病になってから、うつ病から回復するに至っての私の感情の移ろいもあるそうです。
  まあ、こじれにこじれて離婚に至ったので、しかたないということです。
  ちなみに協議離婚で、子供の親権は相手。養育費の支払いは私。資産はあげました。

てな感じです。
まあ、ぼちぼち、また書きます。
基本、土曜更新になりそうかなあ。

| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »